やゆファイル

平成29年八朔祭剣道大会9月3日開催

随分のご無沙汰です

最後の記事から2ヶ月が経ちました。

家業の忙しさに追われ、突発的な筆不精になってしまいました。

剣道におきましても、7月後半は稽古をだけではなく、試合も行けない有様。
全国大会だけは行きましたが、帰ってきたら仕事が山積み。
お盆が明け、やっと一息ついているところです。

仕事が順調じゃないと、剣道は出来ないし、忙しすぎると剣道は出来ないし、バランスが難しいところです。
こんな私に、子供も保護者も一言の苦言も言わず頑張ってくれました。
感謝の一言です。

さて、一時、塞ぎ込んでおりましたが、やっとこさ復活してまいりました。
剣道に対する気力。
随分元通りになってまいりました。

一時は、私らしからぬ、優しく、ゆるゆるな稽古が続きました。
また、怒る気力も湧いてこらず、優しい山下先生、褒めて伸ばす山下先生になってしまっていました。褒めることは大事ですが、褒めるべきところ意外も褒める感じの山下先生でした。

久しぶりに、怒りの山下先生が復活してまいりました。
子供たちも親さんも、いやだろーねー。

まーでも、長いトンネルも何とかぬけたようです。
生きているといろんな事があります、いろんな人がおります、それぞれそのものを理解することは出来なくても、それぞれが存在していることを理解できるようになりました。私は、今まで運がよくって、いいことばかりに出会ったきましたから、とんでもないことに出会うと、面くらい処理に時間がかかります。心がすぐパンクしそうになります。
お陰で、サイヤ人の如く復活しました。
今は、強く正しい洗心会を、作っていく決意を新たにしているところです。

さて、ブログが停滞している間に、県下少年剣道大会、三角みなと祭剣道大会、甲佐あゆ祭剣道大会、警察少年柔剣道大会、全日本少年剣道練成大会、少年玉竜旗争奪剣道大会、御船があーっぱ祭剣道大会に行ってきました。
復活できたのは、全国大会の後です。

その前の大会は、見てないんですけど、今一だったようです。力が出し切れていない。
全国大会は、2回戦負け。ここも、勝てる相手に負けてしまいました。

さて、ふっきれまくっていた、玉竜旗。

前泊で迎え、気合の入った大会でした。
朝から子供たちに言ったことは、
「お前たちは弱くない!強い!俺も含め自分たちが信じ切れていない。今大会は自分たちが一番強いと信じて仲間を信じて戦おう」
でした。

一回戦は体か固く何とか勝利。気合は十分だけど空回り、まだまだ、気持ちが相手より上回っていない感じでした。
2回戦は、先鋒が何とか勝ち抜きましたが、3人目までは、固かった。
しかし、副将戦あたりから、なんか解放された感じがした。
大将戦などは、素晴らしい小手面が出て、5人抜き達成。
4人は仕事をしていないけど、私も含め心が一つになりました。

私が決めていたことは、次の対戦相手を見ないと言うことでした。
誰が来ても、同じ心で戦いたかったからです。

3回戦。
もちろん、勝つつもりで戦いました。
善戦むなしく、相手先鋒に5人抜かれました。
ただ、皆が、気持ちが前に、最後までチームを信じて戦った。
4人抜かれても、大将が5人抜き返すのを信じた。

相手は一信館、全国大会準優勝チーム。堂々と戦いました。

翌日、御船があーっぱ祭大会。
気持ちは、前日のままです。

準決勝は剣心館でした。
大将戦で負けました。
悔しかった・・・。
次は絶対負けんです。

個人戦も、5年男子が優勝。5年女子、3年以下が三位でした。
結果よりも、内容がよかった。

よくよく考えると、子供たちはキツイ稽古に耐えよく頑張っている。
稽古やっただけは、自分を信じなくては損だ。
逆に言うと、稽古をやっていないと自分を信じることができないんですね。

砥用やまびこ大会、地元八朔祭、自分を信じてやるのみ。

白坪先生が言っていた。
「あきらめない」
が、身に染みた夏でした。



ランキング協力お願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ
1クリック、カチッとm(_ _)m

スポンサーサイト
  1. 2010/08/17(火) 16:26:24|
  2. 稽古にて
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad