やゆファイル(熊本少年剣道洗心会日記)

自分の事と熊本県山都町(矢部)少年剣道洗心会の事

6年生を送る会

「6年生を送る会」を催しました。

午前中、稽古会をしました。(ほとんど遊びですけど・・・)

昼から「送る会」。

卒業した子供たちから一言ずついただきました。

その後、色紙の交換。
今回の卒業生は、女の子ばかりですので結構「まめ」である。
私や、よく来て頂いた先生にも色紙をいただきました。

色紙には私に対しての感謝の気持ちが書いてありました。
本当に嬉しくて、感激しました。

いたらない、私の指導によくついてきてくれました。
彼女たちとのいろいろな思い出が思い浮かばれ、ジーンとしました。

それとメッチャ高そうな竹刀をいただきました。
もったいなくて使えません。

彼女たちのために、行った「送る会」でしたが、私のためと思うくらいいい企画でした。

中学に行っても、頑張ってください。
心から応援しています。


スポンサーサイト
  1. 2008/04/03(木) 17:56:07|
  2. 出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

順道館大会

順道館大会に行ってまいりました。

今年度初の試合でありまして、新チームのデビュー戦でした。
主力の6年が抜け、厳しいスタートを覚悟して望みました。

しかし、奇跡的に予選リーグ突破!

かなりホッとしました、決勝リーグの一回戦で敗退しましたが、思った以上に手ごたえのある内容でした。

特に、次鋒は、4年生で防具を付けてまだ7ヶ月。
なのに1勝を上げました。

1年かけて大事に育てていくと、いいチームのなるかもっ!!

今年度も張り切って参ります。

諸先生方よろしくお願いします!
  1. 2008/04/08(火) 21:14:33|
  2. 試合にて
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

グーー

Iという友人がおります。

先日、そのIに用事があり電話したところ、何故か、待ち歌が「エド・はるみ」・・・。
「えっ、コイツ、いつからエド・はるみ?・・・」、と思いながら聞いておりました。

せっかくなので、Iが出た瞬間、思いっきり「グーー」と言いました。

で、すかさず「なんでエド・はるみやねんっ!」と突っ込みました。

Iは「ハハハハッ」っと笑うのですが、アレッ、なんか声が違う・・・。

「あれっ、誰にしたんだっけですね」と聞くと「誰でしょう」と返ってきた。

あちゃー、間違い電話して「グーー」って言うてしもたー。

よーく、声を聞くと、須屋剣のI先生じゃないですかーーー。

「すんませーーん。まちがえましたーー」とあやまる私が想像できますでしょうか。

全くのI違いでした。
「ええばい」と言ってくれましたが、マジでびびりました。

でも、先生、なんで「エド・はるみ」なんですか・・・。

今回は、少年剣道マイナーネタですいません。
  1. 2008/04/09(水) 08:57:50|
  2. お笑い系
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

困ったお食事会

新学期に入り慌しい季節になりました。

学校のほうでは、初の授業参観の後、PTA総会、そして学級懇談会というのが通例である。

最近、小耳に挟んだ情報によると、ある社会体育団体の一部の保護者たちが、学級懇談会をぶっちぎり、近所のレストランでお食事会をするのが通例だそうだ。
 理由は「懇談会に行くと、役を受けなければならないから」だそうだ。しかも、新入部した保護者に対し、「大変だから行かないほうがよい」と強要し、レストランへと誘うのだそうだ。

 とんでもないことである!

聞けば、洗心会の保護者ではないのでホッとしたが、他団体にしても、こんなことがまかり通っているのだから信じ難い。(指導者の方はご存知なのか)

 洗心会は、基本的に学校行事優先である。私自身、学校には御世話になるし、出来うる限りの協力をしているつもりだ。なぜなら、私の子供のほかに、洗心会も御世話になるからである。

 この団体も、学校に御世話になっているはずである。また、一部の保護者のせいで、同団体でありながらも、一生懸命学校に協力している保護者まで同じ目でみられる。

 まさに、百害あって一利なしの方々である。

これが、子供たちに移り、こういう大人になっていくと思うと頭が痛い。
  1. 2008/04/10(木) 18:34:15|
  2. 思ったこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

練習試合にいってきました

合志のY先生に誘われて練習試合に行ってきました。

次の日、久木野先生に誘われたのですが、どうしても都合がつかなくって・・・。

高学年、低学年と参加したのですが・・・・。

今年はやばいっす、って感じでした。
高学年は全敗しちゃいました。

低学年は見てませんが、面白かったみたいです。

とにかく今年はハイテンションで楽しく元気出していきます。

Y先生御世話になりました。
  1. 2008/04/12(土) 16:58:10|
  2. 出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

広安新人戦

広安新人戦に行ってきました。

高学年、低学年それぞれ1チーム出場しました。

選手層の薄い我がチームは、先手必勝のオーダー構成。
先鋒、次鋒、中堅に全てを託すと言っても過言ではない。
洗心会、08年度はまさに背水の陣である。

高学年、予選リーグ1試合目。
中堅まできて2-1で優っていたものの、副将、大将連敗して負け。

2試合目においては、当ブログ常連様、強豪西山!
あっけなく、負けたのでありました。

しかし、まだまだ始まったばかりの今年度、めげずに頑張ります。


そして、低学年予選リーグ。
3チーム中、1チームだけが決勝トーナメント上がれるのがほとんどだが、うちのリーグは4チーム中2チームが上がれることになっていた。
これだけでもラッキーなのに、1チーム棄権のため、3チーム中2チームが上がれることに・・・。

強運、我がチーム!

なので、1勝1敗で決勝Tへ。
(試合内容もまずまずでした)

しかし、決勝Tの前の抽選会、なんか知らんが別会場におり、あまりくじをひくことに。
しかし、弱小の我がチームが唯一勝てそうなところを引いてきた・・。

残り物には福があるとはいえ、なんたる強運。

しかも、背水の陣オーダーが見事的中して、1回戦突破。

2回戦は、敗退したものの、なんと三位入賞!

子供たちメチャ喜んでました。
ちびっ子チーム、盛り上がりました。

というわけで楽しく幕を閉じた大会でした。

  1. 2008/04/22(火) 09:45:25|
  2. 試合にて
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11

剣道講習会

上益城剣道連盟主催の剣道講習会に行ってきました。
八段の講師の先生を招き、審判、剣道形の講習が行われました。

まず、審判講習会でしたが、かなり勉強になりました。

審判の姿勢、旗の上げ方、立ち位置等はもちろんのこと、たとえば、つばぜり合い以外の場合、副審も合議をかけてよいことがあるそうです。
どんな時かと申しますと、
・ 一人の副審が旗を上げ、他の副審及び主審が意思表示をしない場合
・ 一人の副審が反則に気付くが、他の二人の審判がそれに気付かない時。(この場合は、一度副審が「止め」をかけてからだそうです)
などです。考えれば他にもありそうですね。

また、時間切れのとき主審が気付かず、副審が旗を上げて主審に教える時がありますが、その時は、旗を上げるだけではなく、「止め」と声を出さなければいけないそうです。

まーとにかく、審判をしていて、疑問に思っていたことがかなり解決しました。

そして、剣道形講習会。

太刀の七本はこの前、やったばかりなのに、かなり忘れていました。
小太刀に関しては、見た事があるだけで初めてやりましたが、三本目などはかなり稽古しないと難しいですね。
私の場合、小太刀で受験するのかどうかもあやしいですが・・・・・。

最後に、稽古をして終りました。
大人と稽古をすることがほとんど無い私はかなり疲れました。

いろいろ、やりましたが審判講習はとくにためになりました。
私の審判もあやしいものですから・・・。
先日の広安戦の合い面の判定などかなり微妙でした。
しかし、上げる時はスパッと上げるようにはしています。

講習会の後、審判をすると、どんな試合も真剣に審判することが出来るような気がしました。
また、他の審判の動き等も気になるようになりましたね。
審判旗を巻いてある状態をほどく時、片手でくるくるっと回しながらほどく先生が、結構年配の先生でもおられますし・・・。

判定の内容は別として、素行だけはピシッとせないかんなーと思いました。
審判次第で試合内容が引き締まるとおっしゃられてましたし。

機会あればまた勉強せないかんなーと思いました。
  1. 2008/04/24(木) 09:10:45|
  2. 出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新入部員

新年度、1ヶ月が過ぎようとしています。
前年度、1人しか新入部がなかったのですが、今年度はすでに7人の入部がありました。

日頃からの活動が実を結び、本当に嬉しく思っております。
後はやめないでくれれば言うことありません。

7人のうち、5人が新1年生のおチビちゃんたちです。
まだまだ、保育園状態のこの子達、本当にかわいいです。

入って間もない頃は「整列」と号令をかけると、女の子2人が手をつないでトコトコ走ってきます。
怒んなくちゃいけないのでしょうが、かわいすぎて怒れません。

この子達の遊び以外の集中力は、もって10分程度。
工夫して指導しないと、座ったり、あくびしたりします。

しかし、少しずつすり足が上達していく子供たちはなんとも微笑ましいです。

なんにしても、楽しみな子供たちです。
気長に頑張ります。
  1. 2008/04/29(火) 09:29:51|
  2. 稽古にて
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

FC2Ad