やゆファイル

警備員さんに・・・

年度末が押し迫る、今日この頃。
道路工事が増える時期です。

仕事も徐々に忙しくなり、ばたばたしますね。
そんな、忙しいときの道路工事中の片側交互通行は、本当に長く感じられるものです。

そこに必ずおられる、交通整理の警備員さん。
皆、同じような警備員さんだが、人によって全く内容が違う。

交通を整理する仕事をこなすことだけをしている警備員さん。
中には、全く仕事になっていない警備員さん。

その中で、たまにピカッと光られている警備員さんがおられます。

こちらが止まると、丁寧にお辞儀され、心の中で
「止まっていただいてありがとうございます。道路工事中ですので、申し訳ありませんが、少しの間待っていてください。」
と言われているような気がするのです。

そういう警備員さんには、こちらも
「お仕事ご苦労様です。頑張ってください」
と心の中で唱え、自然に頭を下げてしまう。

その上、何かさわやかな気持ちになる。(普通は待ち時間なので、イライラするものでしょうが・・・)

っと、前置きが長くなりましたが、「これって、剣道だなーー」と思ったのです。

剣道は礼に始まり礼に終る、と言います。

なので、神前に礼をする、お相手に礼をする。
これは子供たちも、私もやっていることです。

しかし、警備員さんのように、心の中できちんと感謝し、礼が出来ているものだろうか疑問に思ったのです。

剣道の座礼には、いろいろと決まりがある。
礼の角度は、何度とか、座るのはどっちの足からとか・・・。

もちろん大切なことです。
しかし、ここに心がこもっていないと、意味が無いなーとしみじみ思ったのです。

神前に礼をするときは、「今日も剣道させていただいてありがとうございます」
相手に礼の時は「お相手していただいてありがとうございます」
負けたときは「いい勉強させていただきました」

ってな感じで・・・。

こんな、当たり前のこと分かっているつもりで、心に浸透していませんでした。

感謝の気持ちがあれば、さわやかさが残ります。

同じ物事を行うのも、常に感謝の気持ちで行うと、相手や物にその気持ちが伝わり、物事がよい方向に向かうはずです。

仕事、剣道、生活、心をこめてやっていきたい、と思いました。



スポンサーサイト
  1. 2008/02/02(土) 07:20:04|
  2. 思ったこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

道場連盟個人戦

道場連盟の個人戦に行ってきました。

洗心会は、2年生から6年生まで16人が出場しました。
低学年は、初めて初めて公式戦に出場する子も多く、試合の心配より迷子の心配が大変でした。

結果は、ほとんどが1回戦、もしくは2回戦敗退。
残念な結果となりました。

勝ちに対する、執着の無さ。
気持ちの弱さ。
工夫しない態度。
が、結果に出ました。

今から稽古に行きますが、ビシバシやってきます。
  1. 2008/02/04(月) 16:47:30|
  2. 稽古にて
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

承道館剣道大会

承道館剣道大会に行ってきました。

崇城大學体育館にてあったんですが、私の母校でして・・・。
しかも、大学の時は、もっぱらバイト部でして、剣道はまったくやっておりませんでした。

で、試合の内容なのですが・・・・、まさかの予選敗退!

私も子供たちもげんなりして、帰ってきました。
他の先生に、「雰囲気が悪い」と言われ・・・・。

たしかに・・・、悪い。
私自身、最近暗い。

ここまで、成績が悪いマジで考えないといかんです。



  1. 2008/02/25(月) 13:27:23|
  2. 試合にて
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

FC2Ad