やゆファイル(熊本少年剣道洗心会日記)

自分の事と熊本県山都町(矢部)少年剣道洗心会の事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

剣道上達BOOK

前回紹介した二冊の書は、どちらかというと、精神面で役立てている書である。
今回紹介する

「剣道上達BOOK」
は、もろ技術面である。

どういった、言い回しで子供たちに伝えていいのか、ホント苦労するのですが、そこが分かりやすく書いてある。
 
著者は「井上秀克先生」である。

HP「剣道 いちに会」の創設者であり、「Hide.」のハンドルネームで、私どものような指導初心者や、剣道で悩める剣士に的確なアドバイスをされている。

本もすごいが、HPはホントすごいです。
私は本の後にHPを見つけたのですが、感動を覚えます。
指導で苦労されている方、剣道を習う子の保護者には絶対目を通してほしいです。

HPはこのブログのリンクより。






スポンサーサイト

テーマ:剣道 - ジャンル:スポーツ

  1. 2005/11/01(火) 23:22:21|
  2. 指導に役立てている書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日本拳法部

我が母校矢部高校に「日本拳法部」と言うものありけり。

洗心会の稽古は金曜日だけは、矢部高校道場にて行うので、彼らと稽古時間が重なる。
日本拳法とは聞き慣れないが、見た感じ、立ち技、寝技、関節技ありの、いわゆる総合格闘技といわれるものみたいだ。
(参照 http://www1.ocn.ne.jp/~nikken/
私の在学中には存在しなかったが、全国でも結構いい成績のようだ。

ところで、彼らは非常に礼儀正しい。
道場の中ではもちろんのこと、普通にその辺の道端であっても、かなりでかい声で挨拶してくる。
うちらの子たちにも、まねするように言っている。

今日などは、彼らが、道場の鍵を間違って部室にもって帰ったらしく、道場が閉めれなくなった。
そこで、彼らの一人をよく知っていたので、自宅に電話すると、すぐに単車で駆けつけてくれて、道場を閉めてくれた。
すぐに来てくれた事もそうだが、丁寧に私らにお詫びしてくれたことにとても好感が持てた。

スポーツをする上で、勝つことよりも心を大事にしている彼ら。
応援していきたいですね。
  1. 2005/11/04(金) 23:50:19|
  2. @ナルデキ!!やゆファイル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

地稽古の中で

基本稽古が終わると、面をはずし一時休憩に入る。

休憩は何分とは決まっておらず、トイレに行ったり、竹刀防具の点検が終わり次第、地稽古に入る。

皆がだらだらと面をつけている中、1人だけササッといろんなことを終わらせ、すぐ面をつけ、我先にと先生に稽古をつけにもらいにいく子がいる。

「その日にこられている先生には、全部行くぞ」ってな感じで、段取りをしている感じも見受けられる。
今日は私以外に2人の先生がこられていたが、3人ともに稽古をつけてもらっていたようだった。
この子のやる気を、こちらも感じ、つい力の入る稽古になる。

この一生懸命さが、皆に伝わってほしいものである。




テーマ:剣道 - ジャンル:スポーツ

  1. 2005/11/05(土) 02:32:27|
  2. 稽古にて
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

父ちゃん達ぞくぞくと

先日の稽古は、風邪が多く、8人だけの出席。

それに対し、先生は私ともう一人、そして父ちゃん剣士が3人も来なすった。

子供たちはさぞ嫌だったろーねー。

子供たちは、私よりも父ちゃんに必死だ。

そんな父ちゃん達に感化され、別の素人父ちゃんも端っこで竹刀を借りて、素振りをしていた。

なんか、父ちゃん剣士増えそうな予感!

テーマ:剣道 - ジャンル:スポーツ

  1. 2005/11/11(金) 15:33:45|
  2. 稽古にて
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

便利って

先日、嘉島に出来た「ダイヤモンドシティ クレア」に行ってきた。

マジ、でかいっす!

端から端まで何メートルあるんだろう。
うちの商店街より長いのは間違いない。
しかも、総二階。
行けば、とりあえず何でもそろう感じ。
熊本市内には、よっぽどの用事がないと、行かなくなっちゃうなー。

大型店が次々に出来て、熊本どうなっちゃうんだろう。
便利なのはいいけど、地場の商店は無くなっちゃうだろうし、寂しくなるね。
世の中、いろんなことが便利になるけど、豊かになったって感覚は本当に無いよね。

便利って、両刃の剣ですね。
  1. 2005/11/12(土) 07:47:32|
  2. @ナルデキ!!やゆファイル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新制度

最近、新制度を導入した。

「月初めに、並ぶ順番を変える」というものだ。

基準は以下である。
・十の約束を守れているか(参照 http://yayu0207.blog23.fc2.com/blog-entry-8.html
・普段の生活や稽古での態度
・稽古日数(休んだ日数)
・試合や稽古の内容
・学年(他の4つが同評価であれば学年順、しかし、学年が下であろうと他の4つの評価が大きく上回れば上にいける)

今までは、学年順の生まれ順であった。
強かろうが弱かろうが、一生懸命だろうがそうでなかろうが、変わらない。
最初は「級」をつけようと思っていたが、この方が簡単で、わざわざ試験をする手間も省ける。
毎月、変えることで小刻みに目標が出来る。

子供たちには、試合以外にも小さな目標を与えてやりたかった。
「もっと、上に行きたい」「あいつには負けたくない」って感じで。
これにより、互いに向上心が生まれる。
部内での競争が、互いを切磋琢磨させ、部全体の向上につなげたい。

ただ、評価は私の独断である。
ですから、子供たちがその評価事態にケチをつけるのはたやすい事である。
しかし、そこには○をつけてほしい。(参照 http://yayu0207.blog23.fc2.com/blog-entry-58.html
これは、自分を見つめなおすチャンスである、と思ってほしい。

どうしても、納得できんなら、聞きに来い。



テーマ:剣道 - ジャンル:スポーツ

  1. 2005/11/13(日) 01:24:52|
  2. 稽古にて
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自分でできることは

我が洗心会に、十の約束といふものありけり。
(参照 http://yayu0207.blog23.fc2.com/blog-entry-8.html
私が一番大切にしているものであり、全記事で紹介した「月初め並び順変更制度」の評価においても最重要視しているものである。
(参照 http://yayu0207.blog23.fc2.com/blog-entry-84.html

その四に「四、欠席、遅刻は前もって連絡する」とある。

先日、無断で遅刻したものがいたので、なぜ遅刻したのか聞くと

「えっ、お母さんから連絡がきてませんか?」と言う。

彼は朝から学校に行く前に、今日は学校行事で遅れることを、母に連絡するように頼んだそうだ。

私は言った 「剣道やっているのは、あなたなの、それともお母さんなの。」

彼は、電話のかけ方も知っているし、連絡帳に私の携帯番号が載っているのも知っている。
病気で熱が40度あるとか、自分で出来ない場合はしょうがないですけど、本当は、自分で連絡しなくてはいけないんです。
親に何でもやってもらうのが当たり前になっている。
自分で出来ることは、自分でするべきです。
でも、逆にいったら、親がしてあげてやりすぎなのかもしれない。
前に書いた記事に、魚を与えるよりも釣り方を教えろ、と言う記事かきましたね。
(参照 http://yayu0207.blog23.fc2.com/blog-entry-18.html

「今日は、息子は風邪ですので会社休みます」
てな感じで、親がずーーと面倒見てあげれませんもんね。



テーマ:剣道 - ジャンル:スポーツ

  1. 2005/11/15(火) 23:06:14|
  2. 私の考え
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

子供の質問

今日、我が娘が聞き捨てならない発言をした。

「お父さん、お母さんはマーーエ(前)はお父さんのこと好きだったのに、何で今は嫌いなの?」

子供には、そう見えるんだろうねー。
あとでお母さんは「言ってない」と説明していたようだ。

まーでも、子供は変なこといっぱい聞きますよねー。

そのうちでも、ベタな質問

「子供はどうやって生まれてくるの?」

これって、皆さんどう答えます?。私は、こう言ってます。

「それは小学校、4年あたりで習うことになってるので、その時しっかり勉強しなさい」

他にも、「何で結婚したの?」と言うのもある。

これは、ベタベタですな。

お父さん 「お母さんがどうしても結婚してくれっていったから」
お母さん 「何言ってんの、お父さんが言ったんでしょ!」

なーんて、夫婦喧嘩になれば、超ベタベタの完成である。

うちの場合は
妻 「お父さんがどうしても結婚してくれって言ったから」
私 「そう、お父さんが結婚してくれって言うたよ。お母さんが知る中で、お父さんほどお母さんを愛した人はおらんかった。その愛に、お母さんが負けたったい」

子供は「ふーーん」って言うし。妻は「バカじゃ!」っと吐き捨てます。
  1. 2005/11/15(火) 23:31:34|
  2. @ナルデキ!!やゆファイル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

削岩機の行方

親父と仕事の会話をしている時の事。

私 「あそこのコンクリは邪魔だけん、割らなんねー。」
父 「なら、削岩機がいるねー」
私 「削岩機、どこに置いとったっけー?」

そこに何故か、妻がしゃしゃり出てきた。

妻 「倉庫の横にあったろー」

はぁー、何でお前が削岩機の場所知っとるとかー?
それに、削岩機自体、何のことか知っとるのか?

妻 「ずーーと、そこにあるじゃん、桜ん木」


はいぃーー?「桜ん木」

私 「サ・ク・ラ・ン・キ(桜ん木)でなくて サ・ク・ガ・ン・キ(削岩機)!!」

確かに、桜の木を製材したのがそこにあった。
ちなみに熊本弁で「の」を「ん」ということが多い。
(例「あそこの人」→「あそこん人」)

しかしながら、うちの嫁さん、恐るべし!!
  1. 2005/11/17(木) 11:39:47|
  2. @ナルデキ!!やゆファイル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

努力の賜物

洗心会には、14人の子供たちがいる。
そのほとんどが、小学校の低学年までに始めた子だ。

その中に、今年の4月に五年生から始めた子がいる。

私の目で見る彼は、温厚でやさしく、いたって真面目という感じである。
運動神経は、私の見る感じ良いとは言えないほうである。

ここ3ヶ月ほど、ずーーと、「切り返し」と「一足一刀からの大きく面打ち」の2つだけをさせてきた。
彼は無断の遅刻や欠席はせず、稽古にはほとんど出席。
文句も言わず、真面目にその二つだけをやってきた。

ここ1週間の間であろうか、彼が何をつかんだのか、見違えるほどの上達ぶりを見せてきた。
竹刀・踏み込み・体、ばらばらだった彼の面が、いつの間にか気剣体の一致した、いい面になっているではないですか!!

まさに、努力の賜物である。

こっちも頑張んなきゃ、って気持ちになります。

来週からはレギュラー組みと一緒に稽古させようと思う。

がんばれ!!




テーマ:剣道 - ジャンル:スポーツ

  1. 2005/11/19(土) 12:11:43|
  2. 稽古にて
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

また胃が・・・

洗心会では基本稽古の後、地稽古に入るのがいつものメニューである。

洗心会の地稽古は、自分で相手を見つけ互角稽古をする事と、元立ちに立たれている先生方に稽古を付けてもらう事である。

自主的に稽古しようとする子と、そうでない子に大きな差ができる。
まー要するに、サボろうと思えばサボれる稽古である。

その日は、サボる気満々の輩が続出した。
上から見れば、その様子は一目瞭然である。
その場で、怒りたいのだが、そうすると、せっかく私と稽古している子供との時間がもったいないように思い、そのままにしておいた。

稽古が終わると面を取り、私が子供たち全体に話をするのが通例である。
しかし、その日は子供たちに、何人と稽古し、何人の先生に稽古をつけてもらったか、上から順に聞いた。

やる気組 「先生全員に行き、5人と稽古しました」
サボり組 「先生1人で、2人と稽古しました」

頭にきたのが、サボり組のほとんどが高学年である。
部を引っ張っていかなければならないはずの高学年。
足引っ張ってどうするんだ。

サボり組は、稽古後集合の上、大大説教大会、跳躍素振り大会が待っていました。

私も怒りすぎで、またもや胃が激痛が・・・!





テーマ:剣道 - ジャンル:スポーツ

  1. 2005/11/19(土) 15:46:52|
  2. 稽古にて
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

モチベーションの維持

油断すると、スレッドテーマ「剣道」が消えちゃいますな。

ところで、指導者としてはいかんことですが、稽古にたいするモチベーションって、波がありますね。

もともとの波もありますが、剣道以外のことがらが忙しすぎたり、うまくいってなかったりすると、稽古に引きずっちゃうことがあります。

そういうときに、子供らが気合入ってなくても、なーーんか、流しちゃう時があります。

本当にいかんことですが・・・。

指導暦もうすぐまる一年、モチベーションの維持に苦労しとります。

弱気な記事で申し訳ないです。

テーマ:剣道 - ジャンル:スポーツ

  1. 2005/11/22(火) 18:59:13|
  2. 稽古にて
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

インシュアラー

「インシュアラー」って言葉を中東の人が良く使うみたいだ。

「全ては神のおぼしめし」と言う意味らしい。

例えば、私で言えば

・運動神経が悪い
・役職が多く自分のキャパを超えている
・家電商品がめちゃくちゃデフレだ
・お客さんにめっちゃ怒られた
・売上が伸びない
・妻が言う事を聞かない(私ではない)
・世の中、戦争が絶えない
・友達に彼女をとられた(昔、あった)
・台風で被害をこうむった

などなど

これらは、全て神の思し召しなのである。

「サラリーマン金太郎」で金太郎が中東へ出張した話がある。
中東の砂漠で、情報網のアンテナをたてるプロジェクトなのだが、ひどい砂嵐で難航。
終いには内戦により、アンテナが爆破され、プロジェクトは失敗に終わる。

そこで金太郎は「インシュアラーだ」と言われてしまう。

「全ては神の思し召しでだからしょうがない。自分たちの力ではどうしようもなかった。」と慰めの言葉に捉えそうだ。

しかし、金太郎は
「インシュアラーとは、どんなにきつい事でも受け入れる事だ。自分に受け入れ、それを、自分の血や肉にすることだ」
と言っていた。

一つの言葉も捉え方で、ネガティブにもポジティブにもなる。

世の中自分の力ではどうにも出来ない事ばかりだ。
それをきちんと理解し自分に受け入れる。(それが難しいんだよなー)
それを、自分の力にして、新しい自分を築いていく。

ほんと「インシュアラー」で頑張っていきたいです!
  1. 2005/11/22(火) 20:45:15|
  2. @ナルデキ!!やゆファイル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

構えが怖くない

12月4日に久しぶりに試合がある。

試合まで1週間を切った。
私のほうは、仕事やなんやでやっとこさ稽古にいけてる感じである。

子供たちはというと、「打てる構え、打てる気持ち」が常ではないという感じだ。
構えの段階で、休みが多い。集中がプツプツ切れる。
構えで休んでいるので、打つときになると気配が察知されすぐいなされる。
(打ちそのものが遅いのもあるが)

私自身、プレッシャーを与える構えが出来ているわけではないので、難しいですな。

何か良い稽古法がないか思案中である。



テーマ:剣道 - ジャンル:スポーツ

  1. 2005/11/28(月) 22:36:03|
  2. 思ったこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。