やゆファイル(熊本少年剣道洗心会日記)

自分の事と熊本県山都町(矢部)少年剣道洗心会の事

西南の役剣道大会

西南の役剣道大会に行ってきました。

3年前の奇跡をもう一度と思いましたが、
結果は、2回戦で龍驤館に代表戦で敗れました。

一時期は、差が開いた感がありましたので、今回はよく戦ったと言うべきでしょう。
ただ、どちらのチームも本来の力は出せていなかったように思いました。

たくさんのギャラリーに注目いただいた試合でした。
洗心会は愛されているなーと思いました。

あと、一試合です。
全力を出し切りたい。

スポンサーサイト
  1. 2017/03/21(火) 08:16:57|
  2. 試合にて
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

阿蘇錬成会

今年度始動の記事が遅れましたが、少し前ですが、恒例の阿蘇高校OB主催の錬成会に行きました。5年主体のチームは負けまくりましたが、手応えもありました。当然課題が山積ですが・・・
阿蘇高校関係者の皆様お世話になりました。

朝、講習会で昼飯の時間があったので、9試合しか出来ず物足りない私たちは、大津少剣に寄り道して6試合して帰りました。
行ってよかった~!

S先生、大津の皆様お世話になりました。
GWにまたお邪魔します。
  1. 2015/04/24(金) 12:19:13|
  2. 試合にて
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

錬成会開催での

本日山都町中央体育館にて開催のはずだった、洗心会錬成会。

朝6時、体育館に準備に行ってみると、とにかく雨漏りMAX!
会場が使える状態ではない。
教育委員会担当者に電話しても、朝早く連絡が取れない。

まー、とにかく手を尽くしまくって別会場押さえました。
突然の会場変更、体育館が狭くなって、来ていただいたチームの方々には本当にご迷惑をおかけしました。試合数も予定より若干少なくなり申し訳ありませんでした。皆様のご理解とご協力のお陰で無事に開催できました。ありがとうございました。

さて、会場変更でバタバタしましたが、僕が先生方に連絡をしている間に、会場設営やその他準備をすみやかにやってくれた保護者には本当に感謝です。素晴らしい保護者たちに恵まれていることを実感する事が出来た事は、不幸中の幸いです。人生で起きるすべての出来事は、大切な事を気づかせてくれる為に起きると言う言葉を思い出しました。


あっ、試合はって言うと、よく見てませんが、良いとこあり悪いとこありでした・・・たぶん。今日は試合は二の次です。

またやりますので皆様よろしくお願いします。
  1. 2015/03/15(日) 21:39:49|
  2. 試合にて
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

承道館大会・中川旗大会

承道館大会。
朝から変でした。

試合前、主将(大将)と副将が二人だけで素振りに行っているようでした。
主将に「ほかのメンバーは?」と聞くと「誘ったけどこらっさん」と言うのです。
主将が強く言えないこと、他のメンバーが主将の話を聞かないこと、副主将が主将をフォローしないことに腹が立ちました。

一試合目は何とか勝ちましたが、私的には負けたと勘違いして、チームワークの無さをしこたま怒りました。

「誘ったけどこさっさん」ということは、来ないほうが悪いということでしょう。主将の仕事はそこは喧嘩してでも首根っこひっ捕まえて連れてこなんでしょう。リーダーシップのない自分を責めるべきで他を責めるべきではない。

主将に誘われて、来ないものなどは論外です。自分たちで選んだ主将をないがしろにする行為・・・ありえません。
また、副主将、フォローできないのなら副主将を名乗らないでほしい。

この子たちには、成長するための大事なことが欠けていると思いました。

一つは、他人から言われてことを素直に受け入れられないことです。
間違ったことを指摘され、言い訳をせず自分の反省として受け入れること。
これは大人でも難しいことですが、子供のころから訓練すればできるようになると思います。
昨今のコミュニケーションできない大人たちはこれを子供の時に訓練していない結果だと思います。

もう一つは、他人に感謝することです。
今年のチームはだれ一人欠けても勝てないチームです。
みんなでお互いの負けをカバーして、3回の優勝を飾ることができました。
みんなに感謝すべき何です。

反省と感謝。
成長の2大要素だと思っています。

何試合かして、子供たちを集め上記のことを話しました。
目をつぶらせ、自分以外のメンバーに対して「○○くん、ごめん」を5回づつ、「○○くん、ありがとう」を5回づつ心の中で唱えさせました。

試合自体は決勝Tの2回戦で不本意な負け方をしましたが、仲間の話を聞き、感謝することができなかった子供たちが少しづつ変わるための大会になりました。

あくる日の中川旗剣道大会。
1試合目、昨日に増して情けない負け方をしました。
気持が本当に出ていなく、自信のない試合。

4者リーグでしたので、2位上がりで何とか決勝Tに上がりましたが、心配がよぎりました。

子供たちは基本大会の決勝Tから元気がない試合。
どういったものやら。

決勝T一回戦は強豪。
うちの子供たちは「うわー、○○と当たった、いやだなー」の気持ち丸出しである。

私は言いました「うわー、と言い寄るのは相手も同じバイ」と・・・。
「お前たちだって強い、今年は3回も優勝したたい、稽古も一生懸命しよるタイ、相手も絶対「うわー、洗心会とやー」って絶対いいよる」と言いました。
子供たちはそんなこと始めて考えるみたいでした。

少しだけ自信がついたのか、代表決定の末、強豪を下すことができました。
悲しいかな、次に負けてしまいましたが、久しぶりに子供たちの好勝負を見ることができました。

いろんな勉強ができた2日間でした。


  1. 2012/01/31(火) 23:38:18|
  2. 試合にて
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

基本競演大会

遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。

さて、基本競演大会に行ってきました。

2チームエントリーで2チームとも予選を突破することができました。
悲しいかな本戦の試合形式では2チームとも敗退しました。

しかし、基本という部分では子供たちよく頑張ってくれたと思います。

今年こそは決勝まで、基本で通していただけることを願いましたが、残念ながら予選のみ基本ということでした。
しかし、それでもこの大会に向けて一生懸命基本を練習してきました。

この大会のいいところは、試合そのものよりも試合のために基本の稽古を一生懸命するプロセスにあります。
どのような結果になろうとも、決勝まで基本でとおしていただけるとモチベーションもあがるのですが・・・。

しかし、決勝まで基本で通すことは、主催者側でも大変なようです。
4強あたりになると、優劣の差をつけるのが難しく、審判の主観の判断になってしまい、公平性を欠くようです。
まさしく監督の主観で基本を指導しているのですから、監督の物差しから違う判断が下り負けてしまえば、強く物申される監督もおられるのでしょう。


基本と言いましても、先生方の考え方で少しずつ違うことも事実です。

しかし、昨今は基本稽古法なども生まれております。
せっかくですので、基本競演で行われる、切り返しや打ち込み稽古の在り方を主催者側で固めていただき、年に1回でも二回でも講習会などがあり、その講習会の考えのもとで大会を行うなどはできないものでしょうか。

基本競演の優劣の判断基準を統一化すれば、私どもも子供たちに指導がしやすくなりますし、審判もやりやすくなるような気がします。

熊本が誇る、この素晴らしい大会。いつまでも続けてほしいですし、今後もこの大会をきっかけに素晴らしい剣道家が生まれることを心から願います。


  1. 2012/01/26(木) 23:55:03|
  2. 試合にて
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

菊池十八外城攻防大会

菊池十八外城攻防大会に行ってきました。

新しいオーダーになって初めての大会。
気合は入っていましたが、気負いはありませんでした。

予選の一試合目は無難に勝ちましたが、硬さの残る試合になりました。
この大会は二勝しないと勝ちあがれないルール。
この内容では、次に対戦する承道館には勝てません。

子供らを呼び集め車に乗りました。
なぜか、昔読んだ柔道部物語を思い出し、「俺は強い」「俺はバカだ」を10回づつ大声で連呼しました。
そのあと、「ヘビーローテーション」を最大ボリュームで2回大合唱し、「鉄のーー洗心会、無敵のーー洗心会」と言う歌を作り、歌いました。

心の準備は完了しましたが、それでも試合には硬さが残ったようです。
承道館戦は代表戦までもつれ込みました。

敵の大将K君は強者です。
うちのSがどこまで勝負できるのか。

試合はSが終始攻め続けました、最後は相手がやっと自ら打ってきた面に応じての小手が不細工ながらにも決まり、どうにか勝利しました。

道場連盟全国大会予選では0-3で完敗しましたので雪辱を晴らせました。

さて、旭志大会も代表選でものにし決勝トーナメントに進みましたが、緊張が切れて順道館に0-5で負けた経緯があります。
今回は気を引き締めました。

決勝トーナメントの1回戦は、白坪愛育会です。
八朔大会で負けてしまった相手です。

一進一退の攻防で、ここも代表選にもつれ込みました。
Sは攻め続けたものの、承道館戦のようなキレがありません。

とうとう相手に攻め入られ、面を奪われました。
ここで勝てないところがまだまだうちの実力の無さです。

悔しい結果でしたが、全体的に手ごたえのある内容でした。
やっと、強豪相手に勝負できるようになってきました。

後は稽古あるのみです。
次回の県下剣道教室に向けて気合が入ります。
  1. 2011/10/25(火) 06:39:00|
  2. 試合にて
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

神泉会大会

先の神泉会錬成会は非常に勉強になりました。
八朔祭の惨敗から1からやり直すと誓いましたが、それにふさわしい負けっぷりでした。
準々決勝、須恵に5-0。
1枚どころか4枚くらい上手です。

いい目標が出来て何よりです。

さて、指導6年半。
ここ2年は悩む日々でした。

原因の1番は、勝てないこと。

勝つことに、変な執着があり、ずいぶんと自分を見失っていました。
最終的には、悔しくて悔しくて、子供たちがこの悔しさを分からないことへの怒りをぶつけることもあります。
自分を必要以上に責め、指導をやめよう、と思ったこともあります。

今は子供たちと一緒に剣道ができることの幸せをかみしめています。
甘いでしょが、今はそれで十分。
しかし、以前より子供たちへ一生懸命になりました。
自分に実力がないのはわかっていたこと。
剣道を通し、子供たちとどうかかわり、どう高めあっていくのかが今は本当に楽しいのです。

子供たちの欠点をけなすのではなく、わかりやすく戒め、いいところは褒める。
なんで出来ないのか、と問いただしても無駄なこと。
なんでがわからないから、子供たちは悩む。
一緒になんでか考える。

なんてことを考える日々です。
初心はこんな感じだったのでしょうが、月日と自分の傲慢さが、私を暗黒面に落とそうとしていました。
あと何か月かしたら、ダースベーダーになっていたことでしょう。

子供たちは私の鏡です。
鏡の中の自分をせめてどうするのでしょう。

子供たちの中にいつもヒントがあります。
そこから何かを学び取ること。
それが指導なのかもしれません。
  1. 2011/09/28(水) 13:15:15|
  2. 試合にて
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

八朔祭大会

遅くなりましたが、八朔祭大会が無事に終わりました。

大会関係者、保護者、選手の皆様ありがとうございました。
少しづつチーム数も増え、本当に大きな大会になりました。

お昼で終わる強硬的な進行ですが無事に終えることができました。
また、大会に参加された選手や保護者には祭りのほうにも繰り出していただき、ありがとうございます。
世界に誇れる八朔祭です。

先日、近所にある精肉店「丸重ミート」の若社長からお礼を言われました。
「緑やら紫の集団がとにかくたくさんチキンを買って行かれました」
だそうです。

色つきTシャツ集団以外にも、私服の方もおられるでしょうから、たくさんの経済効果もある大会です。

来年もどうかおいで下さいませ。
  1. 2011/09/19(月) 15:17:59|
  2. 試合にて
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ようやく

8月14日 御船があーっぱ祭り剣道大会
8月20日 砥用やまびこ祭り剣道大会
5年ぶりに優勝することができました。
ようやく、本当にようやくです。

旭志大会、順道館に5-0で負け、学童五輪2回戦負け、全国大会、玉竜旗は1回戦敗退。
力はそれなりに持っていながらも、本番で発揮することができず、悔しい4~7月でした。
週3回の限られた稽古。
基本、すり足、追い込み、かかり稽古をとにかく続けてきました。

8月14日は背水の陣でした。
予選で精彩を欠く子供たちに、喝が入りました。
次に似たような内容なら、歩いて帰れとまで、言いました。

決勝トーナメントの前の学年別個人戦、6年男子は1位2位、4年男子1位という好成績。
決勝トーナメントでは、何とか決勝に上がるも、先鋒次鋒が2本負けで後がない状態。
しかし、後ろが頑張ってすべて二本勝ちで平成18年以来の優勝を飾ることができました。

勝てそうで勝てないという山を越えた瞬間でした。

翌週のやまびこ祭りも昨年の雪辱を果たし優勝。
どちらも小さな大会です。
でも、勝てなかった。
子供たちが大きな山を越えたような気がしました。

火の山旗、八朔と続きますが、100%の力を出して頑張ってほしいと思います。
  1. 2011/08/21(日) 21:28:00|
  2. 試合にて
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

西南の役大会

久しぶりの記事です。

昨日は西南の役、ベスト16でした。
如水館に4-0でしたが、善戦でした。

年が明けていろいろ試合に行っていますが、少しづつよくなっているようです。
今週の武蘇館大会で今年度も終わります。

最後の試合をいい形で締めくくりたいものです。
  1. 2011/03/21(月) 16:44:15|
  2. 試合にて
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

FC2Ad